長谷川 式 認知 症 スケール と は。 認知症スケール長谷川式テストとは

長谷川式認知症テストとMMSE検査で早期発見!認知度チェック

長谷川 式 認知 症 スケール と は

「もしかして認知症かもしれない」と疑ったとき、認知症検査といえば「長谷川式認知症スケール」を思い浮かべる医療者の方々が多いかと思います。 認知症は早期発見が大切ですといわれていますが、もし私が突然!テスト形式で、しかも密室で「認知症の検査を受けますよ」といわれたら。 きっと緊張したり、「早く終わってほしいな。 」「やりたくないな。 」と感じることでしょう。 それと同様に高齢者も同じ気持ちです。 そのため認知症の検査で最もナースが意識しておくことは、対象者の精神的な配慮になります。 検査時の「不安な気持ち」や「疲れ」に気を配りながら適切な質問ができる5つのポイントをご紹介いたします。 長谷川式認知症スケールってなに? 高齢者の中から認知症高齢者をスクリーニングする検査のことです。 43年前に長谷川和夫先生が開発し、現在は1991年に改訂された「改訂 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R:Hasegawa dementia rating scale-revisedの略)」が、日本の病院や高齢者施設などで広く使用されています。 検査内容は9設問からなります。 「今日は何年何月何日、何曜日ですか?」といった記憶に関する質問に回答してもらい、認知症か否かを判定します。 判定は30点満点中20点以下が認知症の疑いがあると考えます。 また総合点の結果のほかに、どのような認知機能が低下しているかも把握できるようになっています。 各設問で把握できること ・問1 名前の見当識 自分のことや、自分が置かれている状況認識をみます。 ・問2 日付の見当識 目的やスケジュールなど計画を立てられるかなどの遂行機能もみます。 ・問3 場所の見当識 これが答えられないとき、不穏やせん妄などの症状も合わせて注意してみてください。 ・問4 聴覚性記憶 耳から聞いた新しいことを覚える能力をみます。 サイレンがきこえてもサイレンと分からなくことと関連します。 ・問5 知的能力 順序立てる能力をみます。 料理をつくることなどと関連します。 ・問6 記憶と作業 記憶を保持する能力と並行して作業ができるかをみます。 ・問7 聴覚性記憶 記憶を保持する能力と物事を結び付ける能力をみます。 ・問8 視覚性記憶 眼で見た新しいことを覚える能力をみます。 道に迷いやすくなったり、同じものを買ったりすることを関連します。 ・問9 言語の流暢性 知識量ではなく、言葉のスラスラでてくる程度をみます。 メリットは、ベッドサイドで行うことができ、5分程度の短時間で評価できます。 デメリットは、言語的な質問でやりとりしますので難聴の方や失語症の方はハードルが高いです。 また動作性の認知機能は評価できません。 改定 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)(表1) 長谷川式認知症スケールで配慮する5つのポイント 1)本人の了解を得て、はじめと終わりを大切に。 「認知症の検査をします。 」といきなり言うと高齢者は構えてしまいますので、「最近物忘れが気になったり、不安なことはありませんか」と前置きをしてから、長谷川式スケールの説明をして了解を得ましょう。 終了時も、「疲れましたか?」など世間話をして、検査の嫌な気分のまま終わらないようにしてあげましょう。 また人によっては、「こんな簡単な質問を聞いてきてバカにしているのか」と自尊心を傷つけたり、そもそも質問されること自体が苦手な方もおられます。 実施頻度は、リハビリ目的で何度も行わないことです。 年に1回程度かもしくは特別にしなければならないときのみです。 テストを受けさせられるというのは、本人からすればストレスになりますので、ご本人の体調がよく、他の人がいない静かな場所で行うのが良いです。 2)この検査だけで認知症かどうか決めない。 数値を単独でみるのは誤解のもとになりますので総合的な判断が必要になります。 結果は本人の教養や生活環境で左右されますし、体調が悪い時、鬱っぽい時、せん妄状態などでも点数が低い場合があります。 認知症の検査は、一般所見、神経学所見をとり、血液・画像検査をします。 また他の疾患(甲状腺機能低下症、慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、鬱病)などが隠れていないかなど総合的にみていきます。 また長谷川式認知症スケールは、30点満点中20点以下を認知症の疑いとしますが、「21点だから大丈夫。 20点以下は認知症です。 」と100%区別する境界ではありません。 あくまでも判定精度がもっとも高いという意味で理解されてください(感度93%、特異度86%)。 3)質問者が間違いやすい設問5「それから7をひくといくつでしょう?」 設問 5は計算問題です。 正しい質問の仕方は、「100 引く 7 はいくつですか?」と問い、「93」と答えが出たら、「それから7を引くといくつでしょう?」と聞きます。 間違った質問の仕方は、「100 引く 7 はいくつですか?」と問い、「93」と答えが出たら、「93から7を引くといくつでしょう?」と聞きます。 この質問は計算ができるかどうかを知りたいのではなく、「93」という数字を頭の中で記憶保持し、そして「7を引く」という作業を同時に並行してできるかどうかが知り得たい情報になります。 4)設問6は、ゆっくり1秒間隔! 設問6は数字の逆唱です。 はじめに「私がこれからいう数字を、逆から言ってください1 2 3」と伝えます。 数字は約1秒の間隔をおいて伝えて下さい。 言い終わったところで逆から答えてもらいます。 時々、すごく早口で数字を「123」と伝える方がおられますが、これだと一つのまとまったワードで頭の中に入ってしまい意味合いが変わってしまいます。 5)小道具は、対象者にとって馴染みあるものを選びます。 施設や病院には、すでに小道具セット(鉛筆、カギ、スプーン、歯ブラシ、腕時計)が準備されているところが多いかと思います。 しかし高齢患者の中には、認知症とは関係なく「普段使わないから忘れた。 」という方々もおられます。 施設に入るとカギは不要ですし、総入れ歯の方は、歯ブラシを使用していないこともあります。 すでにある小道具セット以外のものを使用してもよいですので、テストをうける方の馴染みのある物品が良いかと思います。 ただし注意点は、消しゴムと鉛筆など連想させるものは避け、関連性のないものが適しています。 またタバコなど嗜好品は人によって集中力を欠きますので避けた方がよいです。 まとめ 認知症は早期発見が重要で、長谷川式スケールは判断材料の大切な一つになります。 早期に認知症とわかると、治療により進行を遅らせることができます。 その分、ご本人の意志を尊重する生活を延長し、家族や介護者にあらかじめ心積もりする知識や準備時間が作れます。 検査結果は「この方は認知症です。 」と選別します。 しかし、結果の目的を判断材料としてだけでとらえず、認知機能の弱み強みをみつけて、家族を含め「より豊かな生活をするために」必要な情報として活用されてください。 下記の文献やサイトを参考に記事を作成しました。 認知症疾患治療ガイドライン2010 — 日本神経学会 改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R).

次の

認知症スケール長谷川式テストとは

長谷川 式 認知 症 スケール と は

「私の親は認知症かもしれない・・・」そんなことを思っていても、素人目ではなかなか判断が難しいものです。 「認知症・若年性アルツハイマー病なのか?」「認知症の場合どのレベルなのか」知りたい方の為の1つの判断材料として「 認知症テスト」があります。 その中でも、代表的な認知症テストは「 長谷川式認知症スケール(長谷川式簡易知能評価スケール)」です。 長谷川式認知症スケールの特徴は次の通りです。 誰でもできる早期発見に適した簡易なテスト• 病院などの医療機関でもよく使用される信頼度の高いテスト その為、「長谷川式認知症スケール」によって、医師だけでなくご家族さんでも簡単に病気かどうかをテストすることが可能です。 認知症や若年性アルツハイマー病は、早期に発見し適切な治療を行うとその進行を抑えることが出来ます。 逆に、気付かずに放置しておくとドンドンと進行していき、気付いた頃には取り返しのつかない状態になっていることもしばしばです。 したがって、病気の疑いがある場合は、「長谷川式簡易知能評価スケール」によるテストを行ってみることを推奨します。 長谷川式認知症スケール(改訂版) 長谷川式簡易知能評価スケールは、正常なお年寄りなら簡単に答えられ、認知症の高齢者には答えるのが難しい質問を問題にしたものです。 各質問に答えられるかどうかで点数をつけ、「合計点数で認知症や若年性アルツハイマー病かどうか、認知症の場合どのレベルなのか」を判断します。 長谷川式簡易知能評価スケールは、30点満点で評価します。 20点以下の場合は、認知症や若年性アルツハイマー病の疑いが有りとされます。 2年までの誤差は正解とみなす。 自発的:2点 ヒント:1点 自発的に答えられれば2点。 正解が出なかった場合、約5秒してから「ここは、病院ですか?家ですか?それとも施設ですか?」と問い、正しく選択できれば1点。 自発的に回答があれば2点。 もし回答が無い場合、ヒントを与え正解があれば1点 自発的:各2点 ヒント:各1点 ヒントの出し方は、「一つは植物でしたね」という風に与える。 その後も「もう一つは乗り物がでしたね」という風にヒントを与える。 それを隠しますので、何があったか言ってみてください。 時計、鍵、タバコ、ペン、硬貨など必ず相互に無関係の物を使うこと。 予め用意した5つの物を1つずつ名前を言いながら並べて見せ、よく覚えるよう教示する。 次に、それらを隠して「思い出す順番はどうでもよいので、今ここに何がありましたか?」と尋ねる。 重複した野菜の名前を言った場合は点数に加えない。 この問題は言語の流暢性を見る質問であるため、途中で言葉につまり約10秒程度待っても次の野菜の名前が出てこない場合にはそこで打ち切る。 長谷川式簡易知能評価スケールの点数だけでの判断はダメ しかし、長谷川式簡易知能評価スケールだけで病気かどうかを判断することは間違っています。 やの方は、記憶障害といった認知機能の低下が目立ちテストの点数が低くなることがありますが、の方は、記憶障害が目立ちくく高得点を取る方もいるためです。 認知症の診断は、「問診」「画像検査」「テスト」の3つの検査結果を総合的に判断する必要があります。 アットホーム介護編集部•

次の

家でもできる(?)認知症検査・長谷川式認知症スケールとMMSE

長谷川 式 認知 症 スケール と は

改訂 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)の特徴 本スケールには、次のような特徴があります。 主に「記憶力」に関係した9つの質問で構成• 満点は30点• 20点以下の場合に認知症の疑いありとされる• 所要時間の目安は10~20分程度• ただ、MMSEの場合、検査に図形作成等の動作性を含むため、高齢者のプライドを傷つけやすい一面があります。 その点、長谷川式では口頭での質問だけで済むため、比較的高齢者にも受け入れられやすいのが特徴です。 認知症診断用に30満点の11の質問からなるテスト形式の検査。 見当識・記憶力・計算力・言語能力・図形的能力を計る 介護者が行う場合、事前に準備するもの テストに入る前に、次の準備をしておきましょう。 筆記用具を用意する ご本人の回答と点数を控えるための筆記用具を用意しましょう 5つのアイテムを用意する テストの設問で使うお互いに関連性の低い5つアイテムを用意しておきます(例:ハサミ、腕時計、鉛筆、くし、スプーン) ご本人の年齡を把握しておく 年齡確認はテストの設問項目にありますので、事前に、ご本人の年齡を把握しておきましょう(ご本人に直接尋ねるのは厳禁です) ご本人の了解を得ておく ご本人の意向を無視して無理矢理行ったテスト結果は信憑性が薄れます。 あらかじめ承諾を得て、ご本人がやってみようという気分になっているかどうか確認しましょう ーーーーー介護求人をお探しの方へーーーー ー 改訂 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)の項目 No. 質問 配点 得点 1 あなたは何歳ですか (2歳までの誤差は正解) 1点 2 ここはどこですか (5秒待って答えがでなければ、家ですか?病院ですか?とヒントを与えます。 具体的名称を答えれば2点、抽象的名称のみであれば1点) 2点 または 1点 3 今は何月ですか 各1点 今日は何日ですか 今日は何曜日ですか 今年は平成何年ですか 4 これからいう言葉を繰り返してください。 「桜、猫、電車」あとでこの3つの言葉を思い出してもらいますからよく覚えておいてください。 各1点 5 100-7はいくつですか 各1点 そこから7を引くといくつになりますか 6 「6、8、2」を逆から言ってください 各1点 「3529」はどうですか 7 先ほど引き算の前に覚えてきた3つの言葉は何でしたか (5秒待って答えがでなければ、「ヒント=ピンクの花、動物、乗り物」を出します。 ヒントありで答えられたら1点) 各2点 または 各1点 8 知っている野菜の名前を10個挙げてください (~5個=0点、6個=1点、7個=2点、8個=3点、9個=4点、10個=5点。 途中でつかえて10秒くらい出てこなければ打ち切ります) 0~5点 9 これからお見せする5つの品物をよく覚えてください (隠したらすぐに答えてもらう。 早めに医療機関で受診されることをおすすめします。 早めに医療機関で受診されることをおすすめします。 ただ、21~24点の場合にも、認知症が疑われる言動が見受けられるのであれば、受診をおすすめします。 MCI(軽度認知障害)の疑いもあります。 認知症について正しい理解を深め、健康的な生活習慣を意識しましょう。 3点、軽度認知症:19. 1点/ 中等度認知症:15. 4点/ やや高度認知症:10. 7点/ 高度認知症: 4. 0点 評価、採点する上での注意点 本スケールで評価、採点を行う上で、注意したい点があります。 高得点でも油断禁物!記憶力が衰えない認知症もある 例えば、記憶中枢以外の部分が障害されるレビー小体型認知症や、前頭葉から萎縮する前頭側頭型認知症(ピック病)の場合、高得点をとることがあります。 改訂長谷川式スケールは、記憶に関係した質問を中心に構成されています。 そのため、記憶障害が伴うアルツハイマー型認知症の人は比較的正確に検知しますが、 記憶障害が出ないタイプの認知症の場合は正確な判定が難しいのです。 回答に必要な教養を身に付けているか 認知機能は正常であっても、幼少期に学校を卒業できない事情がある等、教育が不十分だった場合、質問に答えられないことがあります。 もし自身の教養にコンプレックスを持っている方の場合、医師から質問をされること自体が苦手で、まともに回答しないということも考えられます。 質問内容が誤解されていないか この検査では、医師が口頭で尋ね、患者が口頭で答えます。 言葉同士のやりとりで行う検査なので、質問の意味自体が分からなければ、当然正解できません。 例えば「野菜を10個言ってください」と尋ねた場合、本来野菜を10種類挙げてほしいところ、「野菜」という単語を10回繰り返すことと誤解してしまう場合などです。 質問の仕方にも配慮する必要がありますね。

次の