コロナ に かかっ た ブログ。 新型コロナ:スウェーデンは成功したのか:IT's my business:オルタナティブ・ブログ

ブログを始めました。

コロナ に かかっ た ブログ

先日「ウネリウネラ」のほうで、経験したことのないようなブログの反響を受け、うれしくも、恐れを感じているウネラです。 ご興味ありましたら、下の方にリンクを貼っておきますので、ご一読ください。 性被害の描写がありますので、精神的な影響の可能性がある方はご注意願います。 さて、今回の話はまたタイトルの通り、しばらくずっと書かなければと思っていたことです。 私には持病が二つあり、常時通院加療が必要な状態です。 といっても、一見してわかるようなものではない(これがことを複雑にすることもある)のですが。 と一言にいっても様々な種類がありますが、特に私は「光過敏性」のにあたると言われています。 (「事件」などをイメージしていただければわかりやすいでしょうか。 若い方々はもうご存知ないかもしれませんが…) 定期的に脳波を測定し、適切な服薬治療を行っていれば、多くの場合、発作を抑えながら通常の日常生活を送ることができます。 ただし、睡眠不足や過度のストレス、私の場合は強い光刺激が発作の誘因となるため、そのような状況下におかれないことが重要となります。 幸い私は意識消失等の大発作を起こしたことはないのですが、脳波を測定するとやはり不安定な波が発現するため、現在も通院、服薬加療が必要です。 については、いまだに社会の理解が進んでいるとは言えず、大いに偏見があると感じています。 私自身、退社した会社では、ある時から社用での車の運転を禁止されることとなりました。 これは業務上、大変な支障の出ることで、当時もっときちんと抵抗すべきだったと後悔しています。 私自身はの既往を申告した上で運転免許を取得し、現在も日常生活において、運転をしています。 症状の軽重や適切な通院治療、服薬の有無等が考慮されずに「禁止」という措置をとられたことは、権利侵害に相当すると考えています。 このような経緯があり、少々長く個人的な病気について説明してしまいました。 失礼しました。 先にもお話した通り、私たち家族は、3月に引越しをしました。 それによりずっとネックになっていたのが、私の通院問題でした。 なので、引越し後一部の薬については、実際的に足りなくなるという状況まで追い込まれてきました。 そもそも、精神科については、新しい主治医にかかることへの抵抗感もとても強く感じていました。 紹介状があるとは言え、自分のトラウマを話すことが負担だからです。 何回もの転院を繰り返して、主治医との相性というか、私自身に原因があるのかもしれませんが、通院により傷を深くするようなこともありました。 ですので、新しいにかかることに臆病になっているところがあります。 また、コロナによる世の中の状況の変化によっても、不安感は高まりました。 これ以上詳しく述べるのもはばかられるので、ここらへんにしておきますが… 先に述べた通り、実際的に眠れなくなってしまうと危険な状況が訪れます。 見かねたパートナーのウネリさんから 「ウネラさん、あなたは『要・急』ですからね」 と言われました。 このことが、私の勇気となりました。 「不要・不急」という言葉に、私は相当とらわれていたと思います。 「不要・不急」とは、まさに私の存在そのものではないか。 そこまで思ってしまうんですね。 ただ、それは大げさなことではなく、このような考えに陥り苦しんだ人は数知れないと思っています。 一部メディアでは有名な学者の方が「人間、不要・不急」ということを、私とはまったく逆の「陽」のトーンで書いていらっしゃいました。 その時、心が冷たくなっていった感覚を、忘れられません。 なんか、呑気なこと言ってられていいですね、と虚しく感じました。 話が逸れましたが、それでとうとう、内の精神科を受診することになりました。 そこでの出会いが、私にとっては大変良いものとなりました。 「なぜここへ早く受診しなかったのか」 そのような気持ちになったのははじめてでした。 私はや治療方法については、善悪含め、ほかの方に勧めることをしないと決めているので、これ以上語ることは控えます。 精神科については治療の限界というか、今後の通院や、回復そのものに対する懐疑、迷いのようなものが強くなっていたのですが、今回の主治医は少なくとも、信頼してしばらく治療を継続してみようと思える方でした。 くり返しになりますが、これは私の個人的な体験であり、けして一般化できることではありません。 ただ、精神的に閉じこもっていきがちな私ですが、家族に支えられて「受診」に踏み切ったことで、少し良い兆しが見られた、というささやかなご報告でした。 それをこんなに長々と…… 毎度の駄文、失礼いたしました。 ご興味あればご一読ください。 uneri-unera.

次の

【新型コロナウイルス】かかったらどんな症状がでるの?

コロナ に かかっ た ブログ

の4月9日号の記事を紹介します。 非常に重要です。 「微熱とともに、のどの痛みや咳が止まらない。 風邪なのかコロナなのか、検査を受けるまで何とも言えない。 そんな時、闇雲に手持ちの市販薬に頼ってはいけない。 取り返しのつかない症状を引き起こすおそれがあるのだ。 3月14日、フランスのベラン保健相はで、 〈 などの成分を含む解熱剤は、の症状を悪化させる恐れがある〉 などと発信。 浜松医療センターの矢野邦夫副院長が言うには、 「新型コロナは歴史が浅いので、投薬によってどんな作用が起きるかわかりません。 副作用が少なく安全な以外の解熱剤や鎮痛剤は、使いたくないのが正直なところです」 肺に穴が… さらに、薬学博士で薬学部元教授の松山賢治氏はこう指摘するのだ。 「だけでなく、新型コロナ感染が疑われた時には、 同じ非性消炎鎮痛薬(NSAIDs)であるアセチルを含む『A』や、ロキソプロフェンを含む『EX』『S』なども避けるべきでしょう」 ウイルスが体内に入ると、感染した細胞を攻撃するため、白血球などの免疫系細胞がサイトカインというを放出するのだが、 「 NSAIDsを服用することで、この放出が過剰に起こり、免疫が働きすぎて健康な細胞まで攻撃してしまう『サイトカインストーム』を引き起こす危険があるのです。 新型コロナ患者の場合は肺の組織が破壊され、肺水腫や、さらに進んで肺に穴が開き死に至ることもあり得ます」(同) 2003年の流行時、香港では多くの若年層がサイトカインストームで亡くなっている。 「」2020年4月9日号 掲載」 は良くては良いのですね。 これは今後、非常に重用になる知識でしょう。 FirstHedge.

次の

withコロナでもできる小学校英語アクティビティ 20選

コロナ に かかっ た ブログ

誰が正義なのか、わからなくなった。 とりあえず、わかってることは、 「コロナが大流行」というニュースは嘘だということ。 なぜなら、 ・検査を求めて並ぶ患者などいない ・ニュースで、マネキンがコロナにかかっている映像 ・ニューヨークとイタリアの病院が同じ映像 ・別の死因でもコロナで死亡と書かれてしまう ・コロナ検査キットのの人が、「コロナはインフルと同じ」と言った。 ・テレビに出たワクチン投与者が、やらせアクター ・コロナ感染者は、インフルより3ケタ少ない 「コロナは、チップ入りのワクチンを受けさせるための誘導」、という可能性が考えられる。 今、が、デジタル証明書入りのコロナワクチンを進めている。 それを入れられてしまったら、命も管理されるようになるだろう。 彼は、「ワクチンで人口を減らせる」と言っていたから。 わからないのは、トランプQが何をしたかったかということ。 「世界の支配者たちを叩く」ようなことを言いながら、 遺伝子組み換え食品が出回るようにしている。 彼は、人々が病気になるような遺伝子組み換え食品を流通させようとしてる。 それって、人口削減なのでは? と思った。 つまり、どっちの支配者になっても、 人口削減は必行われるのか? やっぱり、支配者VS支配者であって、 どっちも正義ではなかったのか。 ちなみに、トランプが破産したときに、ロス茶に助けられたことがあるらしい。 どっちも仲間なのに、争ってるフリしてる、 という可能性だってある。 分からなくなってきた。 とにかく、Qの「闇の10日間」が終わる4月11日までに何が起きるかを見届けよう。 cleopatrabentou.

次の